大人の夜驚症、記憶のない漠然とした恐怖、行動。睡眠時驚愕障害の日記

あなたは寝ながら大声で叫んだことはありますか?

何か恐ろしい夢を見て”わっ”と声を出してしまったことは何度かあるかもしれませんね。

 

私はある晩、妻に揺すり起こされました。

「どうしたの?だいじょうぶ?」妻の怯えたような表情を見て、ただならぬ状況だというのはわかりました。

「大丈夫?」と聞かれるので「大丈夫」と答えはするものの何がなんだかさっぱりわかりません。

なぜかベッドの上に座っています。

「大丈夫だけど何?何か起きたの?」・・・・先ほどから大声で叫んでいたそうです。

なぜ座っているのか、なぜ叫んでいたのか、まったく記憶がありませんでした。

なぜか怖くて恐ろしくてしかたありませんでした。驚きや悲しみに似た感情が漂っていました。

「怖かった」という記憶だけで「何が」の部分がありません。

 

医師の治療を受けながら原因や経過を綴っていこうとおもいます。

 

最近更新された記事

9回目の診察

8回目の診察

7回目の診察

6回目の診察

5回目の診察

カテゴリー項目一覧

恐怖の悪夢体験

恐怖に包まれた夜
一夜明けて
なぜか心がビビッている
子供が発熱、寝室が恐いと言う
2泊3日の旅行

発症前の日々

最近見た変な夢
少し前から前兆は有ったのか
会社のこと

治療と経過

5回目の診察
6回目の診察
7回目の診察
8回目の診察
9回目の診察

睡眠障害について

睡眠障害について

コラム

気になっていた金縛りの解釈が届く