Top >  恐怖の悪夢体験 >  子供が発熱、寝室が恐いと言う

子供が発熱、寝室が恐いと言う

あの晩の翌日(つまり昨日)の夕方から子供が熱を出している。

小児科に連れて行くと「夏風邪でしょう2~3日で治るでしょう、旅行も行ってかまいませんよ」とのこと。

熱以外にこれといった症状は無い。
つい例の件と関係があるのでは?と勘ぐってしまう。

21時ごろ、妻が子供に「さあ、お二階で寝ようか?」と言うとなんと
「恐いから嫌だ!」
という。二階に行きたくないというのだ。

何も言わないが、何か覚えているのだろうか、あるいは何か見たとか。
例の件があるからか妻も何も言わず、「じゃあ、下で寝ようか」と
子供と一階のリビングで寝ることになった。

そんなこんなで私は二階で1人で寝ることになったわけだが、
大声を出して誰かに迷惑をかける心配は無くなったが、
1人で何か起きたらどうなるのだろういうのが心配である。

以前内科医から眠れないときにともらっているアモバン錠を飲んで、
ベッドにもぐりこみ、テレビをつけて、ラジオをつけて・・・

一定の周期で恐怖と寒気が襲い全身鳥肌。

子供は何か見たのだろうか。

カーテンの裏から何か出てくるのでは、
テレビの向こうのあの影は何かではないのか、
ドアが突然開いて何か入ってくるのでは、
窓の外に誰かいるのでは、
何かとんでもないことが起きるのでは・・・・

まるで子供である。

なんの根拠も無い恐怖感に苛まれながら、背筋がゾーットして
全身に鳥肌をたてながら、

それでも眠ってしまった。

結局、朝まで何も無かった。

 

 <  前の記事 なぜか心がビビッている  |  トップページ  |  次の記事 2泊3日の旅行  >