Top >  恐怖の悪夢体験 >  なぜか心がビビッている

なぜか心がビビッている

昨夜も特に変わったことはなかった。
眠れないといけないので以前内科でもらったデパスを飲んだせいもあるだろう。

 

実はこれは旅行に行く途中で書いている。今日から2泊3日の旅行だ。
あまりに直前で断るに断れなかった。
他の家族も一緒なので、何事もなければよいが。


昨夜は何度か起きたが怖かった。ゾーッとした。鳥肌が立った。

物陰にだれかいるんじゃないか。
トイレに行きたいが途中で何か怖いものを見るのではないか。
まるで子供である。

そんなビビりきってる自分と「なんかあるわけないだろ」と言っている自分が同居している。

まだ元気なほうの自分が優性らしく、全身鳥肌を立てながらもさっさとドアをあけ階段をおりトイレの戸を開けて用を足す。
「なんでもない」ことだと思っている自分と、背筋が凍って全身鳥肌立ててる自分が同居している。

二重人格じゃないけど、二人の自分がいるようで怖い。

いったい叫んでいるときどんな夢をみていたのだろう。
本当は何が怖かったのか知らないのが不幸中の幸いか。

 <  前の記事 一夜明けて  |  トップページ  |  次の記事 子供が発熱、寝室が恐いと言う  >